交通管制システム

信号制御 信号制御の効果的な運用

右折感応制御

交差点の右折専用レーンの車両を車両感知器で検出し、右折矢印信号の表示時間を延長することにより、交差点での右折車両を効果的に処理しています。

バス感応制御

交差点の手前で、バスを専用の車両感知器や光ビーコンで検出し、青信号の表示時間を延長したり、赤信号の表示時間を短縮することにより、バスの信号待ち時間等を減少させます。
この優先的な信号制御により、バスの定時運行が確保されます。

ジレンマ感応制御

交差点に侵入する車両の運転手が、停止すべきか通過すべきか判断に迷う領域(ジレンマゾーン)を回避するように黄信号を表示します。これにより追突や出会い頭事故の発生を減少させます。

交通弱者用制御

高齢者や視覚障害者等が、専用の押ボタンの操作や携帯する専用の発信器からの信号により、歩行者用信号を通常より長く表示し、安全な横断を確保します。